訪問診療・訪問看護・訪問リハビリ

検査科

検査科当科では、尿・血液などを人体から採取し検査する『検体検査』と各種工学技術を応用し身体に見られる電気的変化などを検査する『生理機能検査』などの臨床検査を支援する部門として、患者様自身の身体内部の状態を検査し、医師にその検査結果を『正確』・『迅速』に報告できるよう努めています。

 

臨床検査について

当科でに行っている主な臨床検査は、以下の通りです。

検体検査の内容

尿や便など
の一般検査
それぞれの成分を調べて腎臓や肝臓の異常を検出したり、消化器の異常をチェックします。
血液検査 血液から赤血球や血色素から貧血の程度を、白血球の多さから炎症の程度などを検査します。
生化学検査 血液から血液中の糖質、蛋白質、ビタミン、ホルモンなどを調べ、臓器の異常を検査します。
免疫血清検査 血液から免疫機能の状態を調べることで、身体に侵入した細菌やウイルスを検査します。
病理細胞検査 手術や胃内視鏡等で採取した身体の臓器や細胞の一部から悪性細胞などを検査します。
微生物検査 尿、便、喀痰、血液などから検体を培養し、病気を引き起こす細菌などの微生物を検出します。
輸血検査 輸血のための血液型検査や交叉適合検査を行います。

生理機能検査の内容

心臓系検査 心電図などを調べ、 心筋梗塞や心不全などの診断に利用します。
脳波検査 頭皮に電極を装着し、電気的信号を脳波計で記録し、脳神経などを調べます。
呼吸機能検査 肺活量など呼吸器の機能測定を行い、肺や気管支などの状態を検査します。
超音波検査 身体に超音波を当て、臓器の状態を調べます。
PAGETOP
Copyright © tokiwakai All Rights Reserved.